日本地質汚染審査機構のロゴマーク 日本地質汚染審査機構
−入会のごあんない−

どなたでも入会できます

 私たち「NPO法人 日本地質汚染審査機構」は、「隠れた土地の不良債権 = 地質汚染」を、特定非営利活動法人(NPO)の理念にのっとり中立的第三者の立場から、長年の研究成果と豊かな実績にもとづいて、わが国で最も厳しい目と最高の技術で診断します。
 行政や企業とも良い相補的関係を築き、日本人の心のように国土も美しく修復したいと考えています。
  • 地質汚染について知りたい方
  • 行政や企業・団体の環境担当者でお困りの方
  • 身近な土地の汚染の有無が心配な方
  • 調査の結果について評価して欲しい方
  • 浄化したいが費用はどの程度か知りたい方
  • 本当にきれいになったのか診断して欲しい方
  • 日本列島をきれいにしたい方
  • 地質環境に関心のある方
本会の趣旨と目的に賛同する個人・団体は、だれでも所定の手続きと年会費の納入により入会することができます。

一般会員 : 3,000円
賛助会員 : 1口 50,000円 (2口以上)

下記の申込書をダウンロードして,必要事項を記入の上、メール、FAX、郵送のいずれかの方法でお送りください。

一般会員用申込書

pdfファイルダウンロード(PDF形式78KB)ワードファイルダウンロード(MS-Word形式29KB)

賛助会員用申込書

pdfファイルダウンロード(PDF形式71KB)ワードファイルダウンロード(MS-Word形式30KB)

問い合わせ先

住所 〒262-0033 千葉県千葉市花見川区幕張本郷5丁目24-1 ローズハイツ1号
Tel 043-213-8507
FAX 043-213-8508
E-mail office@npo-geopol.or.jp
URL http://www.npo-geopol.or.jp/
業務時間は毎週月曜日〜金曜日(祝祭日は除く)9:00〜17:00です。

定款について

目的 (定款第3条)

第3条 この法人は、不特定多数の住民及び団体などに対して、社会的中立性と理科学的立場において、地質汚染の調査と浄化に関する指導と助言などを行い、主に売買対象とする土地の良好な地質環境と安全性を確保し、地域の環境保全と住民の健康を守り、快適で安全な街づくりに寄与することを目的とする。

事業内容 (定款第5条)

第5条 この法人は、第3条の目的を達成するため、次の特定非営利活動に係わる事業を行う。
  • 地質汚染に関する調査及び浄化技術の評価診断事業
  • 地質汚染に関する調査及び浄化の研究開発事業
  • 地質災害や地震災害に伴う地質汚染の調査解析事業
  • 地質環境保全に関する広報相談事業
  • 地質環境保全に関する情報収集事業
  • 地質環境保全に関する研修教育事業
  • 地質汚染単元調査法可能指定機関に関する認証事業
  • 汚染地下水の浄化と地下水資源の有効利用事業
  • 地質汚染診断士に関する資格認証事業
  • 地層液流動化診断士に関する資格認証事業
  • 宅地の地盤沈下阻止地下水利用診断士に関する資格認証事業
  • 宅地の津波減災診断士に関する資格認証事業
  • 宅地の活断層減災診断士に関する資格認証事業
  • 宅地の地すべり・土砂災害・水害減災診断士に関する資格認証事業
  • 放射性物質地質汚染診断士に関する資格認証事業
  • 宅地の火山災害減災診断士に関する資格認証事業
  • 総合宅地理学診断師に関する資格認証事業
  • 各地質環境に関する調査・診断及び浄化・減災技術の国際協力事業
  • その他目的を達成するために必要な事業 

会員(定款第6条)

第6条 この法人の会員は次の6種とし、賛助会員以外の会員をもって特定非営利活動促進法(以下「法」という。)上の社員とする。
  • 一般会員 : この法人目的に賛同して入会した個人
  • 専門会員 : この法人事業に関して研究実績がある個人
  • 賛助会員 : この法人の事業を賛助するために入会した個人又は団体
  • 名誉会員 : この法人に功労のあった者で、理事会において推薦された個人
  • 一般海外会員 : 一般会員の内、海外に在住するもの
  • 専門海外会員 : 専門会員の内、海外に在住するもの

入会・会費 (定款第7・8条)

一般会員の入会については、特に条件を定めない。
  • 一般会員 : 3,000円
  • 専門会員 : 5,000円
  • 賛助会員 : 1口 50,000円 (2口以上)
Copyright(C)
日本地質汚染審査機構
All rights reserved.